【賢い主婦はスーパーで手前に並んでいる古い牛乳を買う。】今日のコピーvol.020

a0168678_1374882.jpg

☆今日のコピー☆
「賢い主婦はスーパーで手前に並んでいる古い牛乳を買う。」
(新聞広告クリエーティブコンテスト/2006/畑中大平)

これは好きですね。
なぜなら、とてもメッセージ性が強いからです。

このコピーのポイントは、"賢い主婦"の定義を見直したこと。

手前に並んでいる古い牛乳を買うのが賢い主婦?
どゆこっちゃ?普通逆やろ?

ということで、つかみは完璧。
ついついボディコピーまで目を通してしまいますよね。

ボディを読むと、納得。
それが本当の"賢い主婦"なんだね、と。

みなさんの"賢い主婦"の定義って、どんなですか?
きっと「買い物上手で、同じ商品でも安いものを買う」
「同じ値段でも、より新鮮なものを選ぶ」

とか、"やりくり上手"なイメージが強いんじゃないかと思います。

このコピーが訴えている"賢い主婦"の定義とは、
正反対の位置にありますよね。

だから今回のポイントは、
「"賢い主婦"の定義を見直したこと。」

だから刺さるし、ついつい読んでしまう、
ボディも含めて、そんなコピーになっている。

ムダをなくしてCO2を削減、という観点からいくと、
「牛乳」というチョイスもいいですよね。
[PR]

# by nounashihage | 2010-08-03 01:55 | 今日のコピー

【オレの字には、ヤル気を無くさせる力がある。】今日のコピーvol.019

a0168678_1425669.jpg

-デジタルメモ「ポメラ Pomera」-

☆今日のコピー☆
「オレの字には、ヤル気を無くさせる力がある。」
(ポメラ/鶴田光介)

今日は久しぶりに、これってどうなんでしょう?
というお話です。

このコピーのターゲットって、誰なんでしょう?
単純に判断すると、字がきれいじゃない人?

んー。ポメラの強みってなんだろう?と思ってサイトを見ると、
ポメラの利用シーンがあった。

おそらく、このページに凝縮されているんじゃないかと思う。

-----
"会議で"
コンパクトで視界をさえぎらないし、
メモ専用だから、会議に集中できます。
-----
"移動中に"
移動中でもじっくりメモがとれます。
さっと取り出せるコンパクトさもいいですね。
-----
"講義・セミナーで"
パソコン並の入力がスムーズにできるので、
聴き取り漏れもなくメモがとれます。
私、書くよりキーボードの方が速いんです。
-----
"外出先で"
起動・終了が速いので、思いついたときに
すぐに書き始められるのがいいですね。
まさに"メモ帳"感覚です。
-----

どうでしょう?
字がきれいじゃない人、ポメラほしいと思いますかね?

上記から察するに、ポメラの強みって、
・手軽に使えるメモ帳
・起動や終了が速い
・キーボード感覚で使えるのにサイズも小さい

等々…
まぁ要は、「手軽さ」と「ちょうど良さ」でしょう。

いちいちペンと紙でメモを取るのはめんどくさいけど、
メモ帳がわりに使うにはパソコンはちょっと不便。

その間をとってるのが"ポメラ"だと思うんですよね。

そう考えると、このコピーって微妙ですよね。
きっと、推していくべきポイントじゃない。

強みをしっかり把握した上で、
それを表現し、消費者を行動に結びつけるコピー、
ではないような気がしてしまいました。

あと、いちいち構成切り替わるし、サイト使いづらい。

商品自体はすごくいいと思う。
ちょっとほしくなっちゃった。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-29 01:47 | 今日のコピー

Googleはやっぱり優秀だという話。

a0168678_0115368.jpg

もうほんとにすごい優秀。
ブログ公開して、すぐにインデックスされます。

どんな頻度でクロールしてるんだろうなぁ。

数秒に1回クロールしているというのは、
本当なんだろうか…。すごいな。

逆に、これだけすごく精度が良いということは、
全然Googleにインデックスされないサイトがあった場合。

サイトになんらかの問題がある、
と考えた方が良いかもしれませんね。

CSSの隠しテキストとか、改めてチェックしてみましょう。
同一ドメイン内であれば、全てのページが対象です。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-27 00:23 | SEO

【Impossible? I'm possible.】今日のコピーvol.018

a0168678_23382113.jpg

☆今日のコピー☆
「Impossible? I'm possible.」
(東芝/2010)

今日は、東芝のCMでも使われている、
dynabookのコピーにですね。

これ、CMで見たとき、すごいうまいなーと思った。

"Impossible?"の「?」と上の部分を持ってきて、
"I'm"の「'」に変えてしまうと。

一部を変えてしまうだけで、
こんなに意味が変わってしまうんですね。

"そう、あなたが世界を変えたっていいんだよ。"
そう問いかける東芝のメッセージ。

この山下くんは、きっと、"あなた"であり
"自分"を表現している。

確かにdynabookは、数々の不可能を可能にしてきた。

でもそれを可能にしてきたのは、
やっぱり"人"なんですよね。

"人"であり、"あなた"であり、"自分"。

不可能を可能にしてきた"dynabookとあなた"で、
新しい扉を開いて行きましょう、と。

でもこのコピーって、今だから出せるコピーな気がします。

dynabookのCMって、山下くんとか田村正和さんとか、
スタイリッシュな方を起用して、たくさんCMを打ってますよね。

そのイメージ作りがあったからこそ、
「不可能を可能にする」「新しい扉を開く」といった、
先進的なコピーがしっくり来たんではないでしょうか。

コピー単体の善し悪しだけではなく、
そのタイミングもとても重要な要素であると、
端的に教えてくれるコピーなのかなーなんて、思ったりしました。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-26 23:54 | 今日のコピー

【大人は、とっても長いから。】今日のコピーvol.017

a0168678_22415625.jpg

☆今日のコピー☆
「大人は、とっても長いから。」
(東日本旅客鉄道/2006/児島令子)

児島令子さんの、すごく有名なコピーですね。

ボディコピーは初めて読んだんだけど、
こうなっているんだそうです。

-----
今朝起きると妻に、おめでとうといわれた。
私は、ついに、50歳になってしまったのだ。
いつかはなるだろうと思ったけど、少しだけショック。
しかし、ここで考えてみる。
2005年、日本は長寿において、女性は世界ランキング一位
男性も二位と、トップクラスとか。
そうだ、大人時間はのびているんだ。
仮に人生80年と考えても、20歳からの大人時間は
60年もあるわけで。
50歳って、まだ大人の五合目じゃないか。
そう思うと気分いい。
-----

50歳以上を対象とした、
JR東海の「大人の休日倶楽部」の広告。

50歳って、きっともう子供たちも家庭を持っていて、
もしかしたら孫もいるかもしれない。

仕事でもベテランの域に達しているだろうし、
60歳を前にして、ちょっと一つの節目となる年齢。

要はこの広告の目的って、
"ターゲットとなる世代の人たちに、
晩年の楽しがあることを教えてあげる。

その楽しみ方として「旅行」という
方法があることを提供してあげる"
ということだと思います。

そのための表現として、
"旅行行きましょうよ!"と単純に言うのではなく、
「時間」という視点を取ったんですね。

"大人はとっても長いから"

要は視点なんですよね。

"もう50歳"と取るか、
"まだ人生の五合目"と取るか。

後者の考え方を提示してあげることプラス、
"から"と最後に問いかけることで、
説得感とワクワク感も感じられますよね。

吉永小百合さんのビジュアルと相まって、
とても良い雰囲気が出ています。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-25 23:35 | 今日のコピー

「“これも自分と認めざるをえない”展」見てきました。

a0168678_21233748.jpg

佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と認めざるをえない”展」

見てきました。
体感型の展覧会で、すごく楽しかったです。

"注文の多い展覧会"とはまさにその通りで、
身長とか体重とか、いくつか情報の登録を求められます。

でも、登録しないと来た意味ないでしょくらい、
その情報が大きな意味を持つので、必ず登録してください。

ここで言う"自分の情報"こそが、
展覧会のキーワードである"属性"と呼ばれるものですから。

最初に登録した情報をもとに、
その後の展示で、様々な形で自分と出会います。

…属性って、なんなんでしょうね。

"個性"とか"自分らしさ"とは言われていますが、
指紋とか声紋って、確かに個人を特定できる情報ではあるけれど、
個性って言うとまた違う気がする。

だからこそ、"属性"なのかなぁ、と。

「個人を特定できるもの=個性」ではないと思うし、逆もまた然り。

そう考えると、"属性"っていう表現って、
ものすごい的確ですよね。

個人的には「休憩所」が好きでした。

自分の情報だけではなくて、
"自分の領域"まで含めて属性なんだと。

まさにその通りだと思ったし、
その表現もおもしろかった。

11月までやっているみたいなので、
興味のある方はぜひ行ってみてください。

あと、時間には少し余裕を持って行くことをお勧めします。

体験型の展覧会のため、
少し時間がかかるものもありますので。

にしても、あれだけの情報で個人って特定できるんですね。
すこし、怖さも覚えました。

そういう意味で、
"人間の未来の可能性と危険性の両面を示している"
ということなんでしょうね。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-25 22:05 | 展覧会

【PKはおまけにすぎない。本当の仕事は走ること。】今日のコピーvol.016

a0168678_21433245.jpg

☆今日のコピー☆
「PKはおまけにすぎない。本当の仕事は走ること。」
(遠藤保仁/スカパー)

ワールドカップに向けた、スカパーの広告ですね。

スポーツ系の広告で、
選手の言葉が使われるのってよくある。

それだけ印象に残る、力のある言葉が
たくさんあるってことなんでしょうね。

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会は、
視聴者に多くの感動を与えたと思います。

遠藤保仁は、間違いなくその立役者のひとり。
遠藤って、こんなに走る人だったんだなぁ、と。

前回のワールドカップの時の遠藤は、
決してそんなイメージじゃなかった。

とにかくしっかり走って守備をして、
カウンターやセットプレーで得点を狙う。

そんな今の日本代表のチームカラーに、
しっかりと合わせて作り上げてきた。

遠藤の奥さんの手記からもわかるし、
すごい努力したんでしょうね。

悔しさをバネに頑張るとはよく言うけど、
それを体現してゴールまで決めちゃう姿は、

めちゃめちゃかっこいいし、
見習わなきゃ行けない姿勢ですね。

そしてそれに合わせられなかった俊輔は、
苦汁を飲む結果となってしまったんでしょうね。

途中出場したのに、最初からいる選手の方が走ってたもんな。

サッカーの話になっちゃった。
まぁたまにはよしとしましょう。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-24 22:02 | 今日のコピー

【TSM48 トシマ・フォーティーエイト】今日のコピーvol.015

a0168678_1322662.jpg
☆今日のコピー☆

「TSM48 トシマ・フォーティーエイト」
(豊島園/2010)

ポスターのインパクト大!ですね。

今日のは若干コピーとは視点がずれますが、
少し前に話題になっていたので取り上げてみます。

豊島園は、毎年ユニークな広告を出しますよね。

今年は、AKB48人気にあやかって、TSM48。

遠くから見るとあんまりわかんないんだけど、
近くでみるとすごい。

これって、ターゲットはいわゆる「年増世代」なのかな?
(失礼ですいません)

プールって結構家族連れとかで行くイメージなので、
案外このくらいの世代の方たち"だけ"で行くことって、
実はあんまりないのかな。

単純におもしろい表現で話題性を狙ってる、
という気もする。

実際Twitterとかブログ、ニュースサイトでも
かなり取り上げられてるし。

「豊島園」=「おもしろい広告」みたいなイメージって
きっとあると思うから、それもアリですよね。

普通は絶対やっちゃいけないと思うけど。

夏の風物詩"豊島園"。

毎年おもしろい広告で話題を集め、
プールと言えば豊島園、というイメージを植え付ける。
(というより、イメージを呼び起こす感じ)

そういう段階の広告なのかもしれませんね。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-23 01:51 | 今日のコピー

【音を立てるのがマナーです。】今日のコピーvol.014

a0168678_1154949.jpg

☆今日のコピー☆
「音を立てるのがマナーです。」
(アルトバイエルン/伊藤ハム/宣伝会議賞/2010/熊崎友紀子)

"この味を100%伝えられるコピーと企画を募集"
「アルトバイエルンの魅力を」
「数あるウインナーソーセージとの違いを」

宣伝会議賞において、伊藤ハムさんからの課題は、
上記のようなものでした。

まず取りかかる作業は、
"アルトバイエルンの魅力、違いって何だろう"と、
とにかくいろんな視点から数を出すこと。

味、香り、うま味、深み…
感覚に関する視点とかとか。

あらびき、肉粒感、72時間伝承熟成…
商品の特徴に関する視点とかとか。

いろいろな視点から見て、この方は、
"アルトバイエルンを食べた時の音って、
味も香りもジューシーさも全部想像させられるやん!"
と、発見をしたんだと思います。

アルトバイエルンにかぶりつく。
パリッという音、こうばしい香り、
流れる肉汁、広がるうま味。

アルトバイエルンの魅力って、音から始まるんだと。

その視点に気付いたら、あとは表現のところでどうするか。

そこもすごくうまくて、
普通、食事は音を立てずに食べるのがマナー。

でもアルトバイエルンは、しっかり音を立てて、
全てを楽しむのが一番おいしい食べ方だと気付いた。

食事の本質って、"おいしいご飯を食べること"ですよね?
おいしいご飯を食べるために、
"アルトバイエルンは音を立てて食べましょう"と。

不快になる人ってきっといませんよ、
それが食事を楽しむ本当のマナーですよ、
と、提案してるんだと思います。

視点の持ち方から表現方法まで、
しっかり考えられたコピーなのかなと思います。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-22 01:25 | 今日のコピー

"瀬戸内国際芸術祭2010"いってきます。

a0168678_15538100.jpg

"瀬戸内国際芸術祭2010"

すごい楽しそうなので、行くことに決めました。
8月中旬〜後半にかけて突入予定です。

時間かけてもいいから、しっかり見てまわりたいなぁ。
[PR]

# by nounashihage | 2010-07-21 02:00 | 旅行