<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【「忙しいなら無理して帰らなくていいよ。」は、 ほとんどの場合、嘘です。】今日のコピーvol.036

☆今日のコピー☆
"「忙しいなら無理して帰らなくていいよ。」は、
ほとんどの場合、嘘です。"
(東日本旅客鉄道/1996/白石大介)

そうなんです。
嘘なんですよね。

でも、母ちゃんはきっと、そう言う。

気付いてるんです、僕らも。
嘘だってことは。

その言葉に甘えちゃうわけなんですよね。
甘えちゃう。

でも、本当は気付いてるわけだから、
誰かが背中を押してくれれば、あと一歩を踏み出せる。

それがこのコピーなんじゃないかな、と。

"帰省しましょう。"とか、
"両親が待ってます。"とか、

そんなありふれた言葉にはない力がある。

いや、"ありふれた言葉をいかに切り取るか"
なのかもしれないですね。
[PR]

by nounashihage | 2011-03-28 02:36 | 今日のコピー

【道をきかれて、謝った。】今日のコピーvol.035

☆今日のコピー☆
"道をきかれて、謝った。"
(宣伝会議賞2011/ECC/河原木雄基)

今年の宣伝会議賞から。

ECCからの課題は、
"ECCで外国語を習う動機づけとなるような広告"。

・動機づけをするには?
→学ぶ必要性を感じさせる。

・感じさせるには?
→危機感を与える。

・与えるには?
→失敗談で共感させる。

っていう思考ですよね。
共感できる失敗談からのアプローチ。

コピーで重要なポイントのひとつは、
やっぱりこの"共感"です。

ECCのコピーで最終選考に残っていたのは、
"YesとNoだけじゃ、会話じゃなくてアンケートだ。"
っていうのもあったけど、僕は河原木さんのやつが好きだ。

なぜなら"より実感を与えられる共感"だから。

経験のあるなしは別にしても、
河原木さんのコピーは、現場がすごく目に浮かぶ。

YesとNoって、うまく話せてはいないけど、
聞き取ることはできていますよね。

だから話せなくても、回答はできてる。

でも"道をきかれた謝る"のは、
聞き取れてさえいない、むしろ逃げようとしている、
外国語に全く自信が持てない様子がリアルに伝わってくる。

"外国語を習う動機づけ"とするには、
より強い共感を生むのでは、と思いました。
[PR]

by nounashihage | 2011-03-21 23:43 | 今日のコピー

【お休みのご連絡】今日のコピー

東北地方太平洋沖地震のため、
本日の更新は自粛とさせていただきます。

少しでも多くの方の命が救われ、
少しでも多くの方が早く安全な生活を過ごせますように。
[PR]

by nounashihage | 2011-03-13 23:56 | 今日のコピー

【6億当たる人の共通点?あるよ。買った人!】今日のコピーvol.034

☆今日のコピー☆
"6億当たる人の共通点?あるよ。買った人!"
(totoBIG/照井晶博)

宝くじを買わせるためのコピーとしては、
すごく説得力があると思います。

そりゃそうだわ、と。
買わなきゃ当たんないよね。

当たり前のことなんだけど、
やっぱり気付きを与えてくれるコピーだなー。

宝くじを買う人って、
やっぱりどこかでビビってるんだよね。

どうせ当たらないんだろうとか。

でもやっぱり買うことの大切さと言うか、
やってみにゃわからんと。

宝くじだけじゃなくて、
その気持ちに気付ける気がする。

すみません、飲みの帰りということで、
今日はこのへんで…。
[PR]

by nounashihage | 2011-03-07 00:26 | 今日のコピー