カテゴリ:今日のコピー( 37 )

【お父さんの好きな味が、お母さんの味になったんだね。】今日のコピーvol.007

a0168678_2158631.jpg

☆今日のコピー☆
「お父さんの好きな味が、お母さんの味になったんだね。」
(丸大豆しょうゆ/宣伝会議賞/2010/影山大祐)

宣伝会議賞でのキッコーマンからのメッセージは、
このように書いてありました。

————ずっと忘れない「おいしい記憶」を、
ずっと忘れられないコピーで表現して下さい。————

おふくろの味、とはよく言ったもの。

でもほんとは、おふくろの味って、
おとうさんの味だったんだね。

まさに「おいしい記憶」。

ふと家庭を思い出して、昔が懐かしくなって。
家族みんなで食事をしていて、そこにはいつも丸大豆しょうゆ。

一つの言葉からいろんな情景が浮かんできて、
イメージがとてもわきやすい。確かに忘れられないコピーです。

しょうゆなんてもう食卓になくてはならないものだし、
広告もたくさんやってきてるし。
そのアイディア出しってほんとに難しいものなんだろうなぁ。

にしてもこの卓上ビンのデザインは洗練されてていいなぁ。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-15 22:01 | 今日のコピー

【牛一頭食べたとしても、999円。】今日のコピーvol.006

☆今日のコピー☆
「牛一頭食べたとしても、999円。」
(フードマン/2005/占部邦枝)

この広告、大学時代にリアルタイムで見てとても印象に残ってます。

おそらくこの広告の目的は、
いかにして富士屋の安さ、オトク感を伝えるかどうか。
そしていかにお客さんにお店に来てもらうか。
(当然っちゃ当然だけど)

そのための訴求としてはこれ以上ないものだと思う。

このコピーのポイントは、もちろん「牛一頭」という
強烈な言葉にあると思うのだけと、なぜこの言葉が刺さるのかというと、
「具体的にイメージできるから」じゃないかなぁ。

例えば普通にこの内容を文章に落とし込むと、
「焼き肉食べ放題!どれだけ食べても、999円。」
というような表現になってしまう。

こういった表現だと、自分がどのくらい食べられるのか、
どのくらいオトクなのかが全くイメージできない。

しかし「牛一頭」という言葉を用いるだけで、
どのくらいオトクなのかがとてもイメージしやすい。

実際に牛一頭分を食べる人はほとんどいないと思うけど、
具体的なイメージを持たせることで妙な納得感を生ませている。

とっても見る人にやさしいコピーだと思います。

てか富士屋って福岡にしかないの?
[PR]

by nounashihage | 2010-05-15 08:14 | 今日のコピー

【たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。】今日のコピーvol.005

a0168678_1493989.gif

☆今日のコピー☆
「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。
  -----あなたが気づけばマナーは変わる。」
(日本たばこ産業/2003/岡本欣也)

僕は喫煙者じゃないですが、はっ!っとしますよね。
歩きタバコはやめてください、というためのコピーですが、
もはやこれ以上の表現は出ないんじゃないかと。

単純に「歩きタバコは危険です!やめてください!」
というのではなく、なぜ危険なのか?ということを
具体的に訴求。

このコピーも「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。」
という「事実」を述べているだけなんですよね。

気付いていたんだけど、気付かないフリをしていた。
そんな大人たちへの警告と、切実なお願い。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-14 00:44 | 今日のコピー

【女には、もうひとつの「寄せて、上げる」場所がある。】今日のコピーvol.004

☆今日のコピー☆
「女には、もうひとつの「寄せて、上げる」場所がある。」
(マツゲパーマ/ユーアイズ/2007/西村麻里)

これも昨日と同じく、視点勝ちしているコピーです。

寄せて上げると言えば、もちろんバスト。
でも実は、もうひとつの寄せて上げる場所があった——…

これだけでもう、えっ、どこのこと?
って気になってしょうがないですよね。

その時点で勝ちだと思います。

マツゲパーマの「特徴」を「新しい視点」からとらえて、
バストにまつわる「常識」を利用してコピーを作った。

そりゃあ、刺さりますわ。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-13 01:09 | 今日のコピー

【家は路上に放置されている。】今日のコピーvol.003

昨日は徹夜で仕事だったためお休みです。。

☆今日のコピー☆
「家は路上に放置されている。」
(セコム・ホームセキュリティ/宣伝会議賞 /2009/志儀永二郎)

言い回しが最強!

これこそまさに、視点を多くもつことの重要性を
改めて教えてくれるコピーですよね。

そう、セキュリティのしっかりしていない家って、
そこに住んでいるときは「建っている」んだけど、
ひとたび家をあけると、「放置されている」んですよね。

家をあけているときのこのコピーを見ると、
とても不安になる。

しっかり見る人の心に働きかけられるコピーだと思います。
さすがは宣伝会議賞グランプリ。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-11 21:09 | 今日のコピー

【あなたのあだ名が「メガネ」なのは、そのメガネが似合っていないからです。】今日のコピーvol.002

a0168678_1454450.jpg

今日は今から会社に行くので、早めに書いておきます。

☆今日のコピー☆
「あなたのあだ名が「メガネ」なのは、そのメガネが似合っていないからです。」
(Zoff/宣伝会議賞 /2005/松本亜紀)

うん、これ最近知ったコピーだけど、
とてもいいコピーだと思います。

谷山雅計さんが「コピーは嘘をつくな」と
「アイラブ東日本」を例にしてお話されていたけど、
そのラインをしっかりクリアしていて。

「あぁ、確かにそうだった気がするなぁ」と、
見た人に気付きを与えられるコピー。

今他のメガネ屋さんを使っているユーザーに対して、
そこまで言うなら一回Zoff使ってみようか!と、
思わせて動かすことができるんじゃないかなぁ。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-09 13:11 | 今日のコピー

【恋とか、愛とかのすこし先。】今日のコピーvol.001



題名の通り。

ほぼ日刊イトイ新聞を参考に、
ほぼ毎日何かしらのコピーを取り上げて考察していきたいと思います。

やっぱりコピーライター目指したいので。
いいコピーのインプットと、思考の視覚化が目的。

☆今日のコピー☆
「恋とか、愛とかのすこし先。」
(読売新聞,ANA,PLTINUM)

僕が好きなコピーの一つ。

この「すこし」の使い方がポイントだと思っていて、
恋とか、愛とかじゃ言い表せない絆が二人にはあって、
でもその絆って、実はその「すこし」だけ先にあるもの。

決して特別な関係ではなくて、
すこし先って誰にでもなんとなくイメージできる感情で、
だからこそ多くの人の心に響くのかと思う。

夫婦ってやっぱりいいな、
こんな風に感謝ってできてるかなと、
見た人に気付きを与えることのできるコピーだと思います。

映像はちょこちょこ広告っぽさが出てしまっているけど、
コピーが出てくるタイミングがやっぱり秀逸だね!
[PR]

by nounashihage | 2010-05-08 22:58 | 今日のコピー