カテゴリ:今日のコピー( 37 )

【大人は、とっても長いから。】今日のコピーvol.017

a0168678_22415625.jpg

☆今日のコピー☆
「大人は、とっても長いから。」
(東日本旅客鉄道/2006/児島令子)

児島令子さんの、すごく有名なコピーですね。

ボディコピーは初めて読んだんだけど、
こうなっているんだそうです。

-----
今朝起きると妻に、おめでとうといわれた。
私は、ついに、50歳になってしまったのだ。
いつかはなるだろうと思ったけど、少しだけショック。
しかし、ここで考えてみる。
2005年、日本は長寿において、女性は世界ランキング一位
男性も二位と、トップクラスとか。
そうだ、大人時間はのびているんだ。
仮に人生80年と考えても、20歳からの大人時間は
60年もあるわけで。
50歳って、まだ大人の五合目じゃないか。
そう思うと気分いい。
-----

50歳以上を対象とした、
JR東海の「大人の休日倶楽部」の広告。

50歳って、きっともう子供たちも家庭を持っていて、
もしかしたら孫もいるかもしれない。

仕事でもベテランの域に達しているだろうし、
60歳を前にして、ちょっと一つの節目となる年齢。

要はこの広告の目的って、
"ターゲットとなる世代の人たちに、
晩年の楽しがあることを教えてあげる。

その楽しみ方として「旅行」という
方法があることを提供してあげる"
ということだと思います。

そのための表現として、
"旅行行きましょうよ!"と単純に言うのではなく、
「時間」という視点を取ったんですね。

"大人はとっても長いから"

要は視点なんですよね。

"もう50歳"と取るか、
"まだ人生の五合目"と取るか。

後者の考え方を提示してあげることプラス、
"から"と最後に問いかけることで、
説得感とワクワク感も感じられますよね。

吉永小百合さんのビジュアルと相まって、
とても良い雰囲気が出ています。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-25 23:35 | 今日のコピー

【PKはおまけにすぎない。本当の仕事は走ること。】今日のコピーvol.016

a0168678_21433245.jpg

☆今日のコピー☆
「PKはおまけにすぎない。本当の仕事は走ること。」
(遠藤保仁/スカパー)

ワールドカップに向けた、スカパーの広告ですね。

スポーツ系の広告で、
選手の言葉が使われるのってよくある。

それだけ印象に残る、力のある言葉が
たくさんあるってことなんでしょうね。

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会は、
視聴者に多くの感動を与えたと思います。

遠藤保仁は、間違いなくその立役者のひとり。
遠藤って、こんなに走る人だったんだなぁ、と。

前回のワールドカップの時の遠藤は、
決してそんなイメージじゃなかった。

とにかくしっかり走って守備をして、
カウンターやセットプレーで得点を狙う。

そんな今の日本代表のチームカラーに、
しっかりと合わせて作り上げてきた。

遠藤の奥さんの手記からもわかるし、
すごい努力したんでしょうね。

悔しさをバネに頑張るとはよく言うけど、
それを体現してゴールまで決めちゃう姿は、

めちゃめちゃかっこいいし、
見習わなきゃ行けない姿勢ですね。

そしてそれに合わせられなかった俊輔は、
苦汁を飲む結果となってしまったんでしょうね。

途中出場したのに、最初からいる選手の方が走ってたもんな。

サッカーの話になっちゃった。
まぁたまにはよしとしましょう。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-24 22:02 | 今日のコピー

【TSM48 トシマ・フォーティーエイト】今日のコピーvol.015

a0168678_1322662.jpg
☆今日のコピー☆

「TSM48 トシマ・フォーティーエイト」
(豊島園/2010)

ポスターのインパクト大!ですね。

今日のは若干コピーとは視点がずれますが、
少し前に話題になっていたので取り上げてみます。

豊島園は、毎年ユニークな広告を出しますよね。

今年は、AKB48人気にあやかって、TSM48。

遠くから見るとあんまりわかんないんだけど、
近くでみるとすごい。

これって、ターゲットはいわゆる「年増世代」なのかな?
(失礼ですいません)

プールって結構家族連れとかで行くイメージなので、
案外このくらいの世代の方たち"だけ"で行くことって、
実はあんまりないのかな。

単純におもしろい表現で話題性を狙ってる、
という気もする。

実際Twitterとかブログ、ニュースサイトでも
かなり取り上げられてるし。

「豊島園」=「おもしろい広告」みたいなイメージって
きっとあると思うから、それもアリですよね。

普通は絶対やっちゃいけないと思うけど。

夏の風物詩"豊島園"。

毎年おもしろい広告で話題を集め、
プールと言えば豊島園、というイメージを植え付ける。
(というより、イメージを呼び起こす感じ)

そういう段階の広告なのかもしれませんね。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-23 01:51 | 今日のコピー

【音を立てるのがマナーです。】今日のコピーvol.014

a0168678_1154949.jpg

☆今日のコピー☆
「音を立てるのがマナーです。」
(アルトバイエルン/伊藤ハム/宣伝会議賞/2010/熊崎友紀子)

"この味を100%伝えられるコピーと企画を募集"
「アルトバイエルンの魅力を」
「数あるウインナーソーセージとの違いを」

宣伝会議賞において、伊藤ハムさんからの課題は、
上記のようなものでした。

まず取りかかる作業は、
"アルトバイエルンの魅力、違いって何だろう"と、
とにかくいろんな視点から数を出すこと。

味、香り、うま味、深み…
感覚に関する視点とかとか。

あらびき、肉粒感、72時間伝承熟成…
商品の特徴に関する視点とかとか。

いろいろな視点から見て、この方は、
"アルトバイエルンを食べた時の音って、
味も香りもジューシーさも全部想像させられるやん!"
と、発見をしたんだと思います。

アルトバイエルンにかぶりつく。
パリッという音、こうばしい香り、
流れる肉汁、広がるうま味。

アルトバイエルンの魅力って、音から始まるんだと。

その視点に気付いたら、あとは表現のところでどうするか。

そこもすごくうまくて、
普通、食事は音を立てずに食べるのがマナー。

でもアルトバイエルンは、しっかり音を立てて、
全てを楽しむのが一番おいしい食べ方だと気付いた。

食事の本質って、"おいしいご飯を食べること"ですよね?
おいしいご飯を食べるために、
"アルトバイエルンは音を立てて食べましょう"と。

不快になる人ってきっといませんよ、
それが食事を楽しむ本当のマナーですよ、
と、提案してるんだと思います。

視点の持ち方から表現方法まで、
しっかり考えられたコピーなのかなと思います。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-22 01:25 | 今日のコピー

【おなじは嫌いだけど、いっしょは好き。】今日のコピーvol.013

a0168678_1254976.jpg

☆今日のコピー☆
「おなじは嫌いだけど、いっしょは好き。」
(天神コア/2003/占部邦枝)

うぉぉ、これはいいですねぇ。
ぼく、好きです。

何が好きって「おなじ」と「いっしょ」って、
"同じ意味の言葉なんだけど、印象が全く違う"
言葉なんですよね。

それだけで表現しちゃってる。
これが日本語のおもしろさだと思う。

天神コアって若者向けのファッションモールだから、
特に若い女の子は有望なターゲットですよね。

あとはカップルなんかにも刺さるんじゃないかな。

雰囲気なんだけど「いっしょ」と「おなじ」だと、
前者の方が"近い"気がするんですよね。

すごい親しい感じ。

天神コアで、他の人と「おなじ」ものではない、
オリジナルを、親しい人と「いっしょ」に楽しむのも、
いいんでない?

という提案なんじゃないでしょうか。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-21 01:50 | 今日のコピー

【麻生太郎は、英語力をウリにしていた。】今日のコピーvol.012

a0168678_23482671.jpg

☆今日のコピー☆
「麻生太郎は、英語力をウリにしていた。
 しかし、みんなが注目したのは、日本語力のほうだった。」
(日本語検定/野田貴之)

久しぶりの更新です。
すみません、完全にさぼってました。

本日より、改めてしっかりと更新していきます。

さて、今日のコピーですが、
いわゆる時事ネタを使ったコピーですね。

麻生さんの日本語間違いは、
当時とても話題になりました。

踏襲   「ふしゅう」
頻繁   「はんざつ」
破綻   「はじょう」
順風満帆 「じゅんぷうまんぽ」
低迷   「ていまい」(直後に訂正)
詳細   「ようさい」
未曽有  「みぞうゆ」
実体経済 「じつぶつけいざい」
焦眉   「しゅうび」
物見遊山 「ものみゆうざん」
有無   「ゆうむ」
思惑   「しわく」
措置   「しょち」
前場   「まえば」
詰めて  「つめめて」
怪我   「かいが」
完遂   「かんつい」
遂行   「ついこう」
窮状   「しゅうじょう」
参画   「さんか」

※wikipediaより引用

うぉぉ、改めてまとめて見るとひどいですね…。

自分の仕事はしっかりやっていても、
こういった細かいミスで印象はガラッと変わってしまいます。

皆さん、こんな大人になりたいですか?

本当の自分の仕事とは別の部分で、
評価を下げてしまってもいいのですか?

"日本語、改めて見直してみませんか?"と、
見る人に訴えているわけですね。

これは麻生さんの実例もあるので、
ものすごい実感を伴うコピーだと思います。

やはり、時事ネタを使ったコピーは強いですね。

正しい日本語を使えてる人って、
どのくらいいるんだろう。

そもそも、正しい日本語ってなんだろう。

蛇足ですが「pu∂!ノ|!ナ」と書くと、
ギャル文字で「友達」と読むらしいです。

逆さにすると、firiend。
綴りが間違っているのはご愛嬌。
[PR]

by nounashihage | 2010-07-20 00:01 | 今日のコピー

【夫婦のつぎは、何になろう。】今日のコピーvol.011

a0168678_23404829.jpg

☆今日のコピー☆
「夫婦のつぎは、何になろう。」
(月桂冠)

間が空き過ぎですね。。
ほんとに言い訳のしようもありません。。

さて、月桂冠はほんとうにいいコピーが多いですよね。
これもその一つだと思います。

vol.001のコピーとニュアンス的にはすごい近いですよね。
「夫婦のつぎ」という表現と「恋とか愛とかのすこし先」という表現。

表現方法は違うけど、
言わんとしていることは近い気がする。

ただ、このコピーのすごいところは、
「夫婦のつぎ」という言葉をもちいることで、
「夫婦とは?」ということを考えさせることだと思う。

表現としては先のことを言っているんだけど、
夫婦っていいなぁって思わせる力があるんだよね。

ふたりで飲むんだよなぁ月桂冠て。
月桂冠じゃないにしても、お酒の価値観を変えるCMだと思います。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-26 00:01 | 今日のコピー

【志望校が母校になる。】今日のコピーvol.010

a0168678_127712.jpg

☆今日のコピー☆
「志望校が母校になる。」
(代々木ゼミナール)

誰でも一度は聞いたことはあるでしょう。
とてもシンプルで超有名なコピーです。

なにがいいって、最後が断定になっている所ですよね。

例えば「志望校を母校にしよう。」だと、
要は主体にあるのは自分。

あくまで「自分の力」で志望校を母校にしましょう、
頑張りましょうというイメージになると思います。

一方で「志望校が母校になる。」だと、
主体は代ゼミになるんですよね。

代ゼミに行くと、代ゼミに通うと、
志望校が母校に「なる」。

具体的に代ゼミに通ったらどうなるかがイメージできて、
代ゼミの持つ自信も同時にアピールできる。

逆に、相当サービスに自信がないと提案できないコピーですよね。
クライアントとしっかりした信頼関係がないと、
実現しなかったコピーのような気がします。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-21 01:40 | 今日のコピー

【「メタボ」ブームが去って、ただの太った人になった。】今日のコピーvol.009

a0168678_059283.gif

☆今日のコピー☆
「メタボ」ブームが去って、ただの太った人になった。
(スポーツクラブルネサンス/CCN2010)

今日は、めずらしくわからなかった話をしようと思います。

このコピーを見て、ん?と思った。
どういうことだ?と。

確かに「メタボ」という単語は一時期ほど
盛り上がっているキーワードではないけれど、
ブームが去って、それでどうしたんだろう。

今までは「メタボ」という言葉のおかげで許されていたけど、
ただの太った人になってしまった!ヤバい!
誰もいじってくれない!やせなきゃ!

ということなのでしょうか?
正直、よくわからない。

「メタボ」だからこそやばいと思うのだと思うし、
「ただの太った人」との対比がいまいちピンとこないなと。

でもなんとなく危機感はあおられる気がするんだよなぁ。
なんでだろ。

もう少し考えてみよう。

自分だったらこうします!
が出てこないのは、まだまだ思考が甘い証拠ですね。
[PR]

by nounashihage | 2010-05-18 01:06 | 今日のコピー

【自販機の普及率が世界一っていばれること?】今日のコピーvol.008

a0168678_16284091.jpg

☆今日のコピー☆
「自販機の普及率が世界一っていばれること?」
(マイボトルを始めよう/SIGG)

自動販売機は「いつでも飲み物が買える便利な道具」
であると同時に「ゴミを際限なく生み出すおきもの」であると。

前者はプラスの話なんだけど、後者はマイナスの話。
これも視点を変えて自動販売機を見たことで生まれたコピー。

ものは言い方と見せ方次第とはよくいったもので、
ネガティブな表現も逆から見ればポジティブだったり、
その逆もまた然り。

このコピーをみて、それを改めて感じたなぁ。

あとは言葉の使い方もポイントだと思っていて、
最後の「いばる」という部分。

「自販機の普及率が世界一って誇れること?」

ただ意味を伝えるだけなら文章はこれでもよい。
でも「いばる」って言われると、なんだかジャイアンみたいな、
あまりいいイメージがないですよね。

「誇る」っていうと、とても自信をもっているいいことのように思える。

今回のコピーは、自販機のマイナスの面を伝えることで、
マイボトルを持ちましょう!ということを訴求したいわけだから、
「いばる」という言葉のチョイスで大正解。

そんな風にいばってないで、
それがどういうことなのかちゃんと考えてみようよ!
といったところでしょうか。

こういう細かい言葉づかいも、気をつけていきたいポイントですね!
[PR]

by nounashihage | 2010-05-16 16:29 | 今日のコピー