【田舎が発展しませんように。】今日のコピーvol.030

☆今日のコピー☆
"田舎が発展しませんように。"
(森の水だより/宣伝会議賞/2001/石川久士)

2001年の、宣伝会議賞受賞作品。

このコピーってなんでこんなに響くのかなー、と考えてて、
"開発者・メーカーのこだわりが凝縮されてる"からなのかな、
という結論に至りました。

その要素として、2つ思ったことがあります。

--
みんなが心のなかでなんとなく思っていることを、
言葉にして代弁してあげてること。
--
"自然(≒田舎)環境の良さ = 森の水だよりのおいしさ"
であることを、とても端的に表現していること。
--

このコピーって要は、願いなんです。みんなの。
消費者の。自然の。住む人の。そして開発者の。

特に最後の、開発者の願いというのが
すごく込められている気がして。

それはイコール開発者のこだわりですよね。

このこだわりを、絶対に失いたくない。
最高の商品を消費者に届けたい。

という、開発者のメッセージに聞こえる。

森の水だよりの、新鮮さだったりとか
おいしさだったりとか、製法のこだわりとか、、、

コカ・コーラの、森の水だよりの商品ページにも、
書いてありますが、それを失ってしまうと、
森の水だよりではなくなってしまう。

このコピーから、そのいくつものこだわりと、
開発者の気持ちがすごく想像できる気がする。

だから、心に残る言葉なのかなーと。

こういう想像力を掻き立てられるようなコピー、
すごーくいいですね。
[PR]

by nounashihage | 2011-02-10 19:25 | 今日のコピー

<< 2011年の目標。 【もうちょっとやせないと、ジム... >>