瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。島巡り編

a0168678_058291.jpg

a0168678_059019.jpg

a0168678_0591566.jpg


「瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。感想編」
の続きです。次は島巡り編です。

島の回り方として強く感じたのが、
"一日に何島も回るような強行プランだけは、
絶対に避けるべし!"ということです。

各島をフェリーで移動しなければいけませんし、
島内での移動手段は、バスや徒歩などに限られてしまいます。

フェリーの時間があるから一つの作品につき10分ね。
この作品を見て、はい次の作品、
あっ、やばいバスの時間だから5分で見なきゃ…

こんな時間にしばられたような見方は、
すごくもったいないし、なんか悲しいです。

瀬戸内国際芸術祭では、
「アート作品を見て楽しむ」のではなく、
「島をまるごと楽しむ」のが正解だと思います。

時間に余裕を持って、大きな島は
一日かけてゆっくり回ることをお勧めします。

作品だけじゃなくて、島の景色なんかも楽しめます。
特に、小豆島と豊島の景色は絶品です。

僕が実際に回ったのはこんな感じです。

23日:小豆島
24日:豊島
25日:男木島+女木島
26日:直島
27日:犬島+豊島の残り
28日:高松(ほぼ帰るだけ)

各島ごとの詳細は後ほど書きますが、
僕はこのくらいの時間で無駄なくしっかり回れました。

何度も繰り返しますが、"多くの島を広く浅く"よりも、
"一つの島を狭く深く"の方が、満足感が得られると思います。

最後に、島を回る上での注意点というか、
実際に行ったからこそわかることをいくつか。

・お盆を過ぎて、確実に人は減っているぽいぞ。
・大きな荷物はフェリー乗り場近くで預かってくれるぞ。
(たぶん全部の島で大丈夫だけど、お金は取られるぞ)
・意外に島内は歩いて回れるぞ。
・男女とも、一人旅の人は結構いるぞ。
・人数が多い場合、フェリーは増便を出してくれるぞ。
(ただし、積み残しになる場合もあるみたいだぞ)
・大型フェリーは快適だけど、高速旅客船はかなり揺れるぞ。

初めての一人旅だったですが、
途中で仲良くなった人と飲みに行ったり、
地元の人やスタッフの人と話したり…。

とても楽しく回ることができました。感謝。
10月あたりにもう一回行きたいな〜。

写真もたくさん撮ったので、後でアップします。
[PR]

by nounashihage | 2010-08-30 01:06 | 旅行

<< 瀬戸内国際芸術祭に行ってきまし... 瀬戸内国際芸術祭に行ってきまし... >>