【このろくでもない、すばらしき世界。】今日のコピーvol.025

a0168678_2342543.jpg

☆今日のコピー☆
「このろくでもない、すばらしき世界。」
(SUNTORY/BOSS)

このBOSSのシリーズって、ほんとにすごい発想だと思います。
缶コーヒーのCMで、宇宙人って。

トミー・リー・ジョーンズの起用も、
思い切りがあってドキドキしますね。

このコピーの良いところは、
谷山雅計さんも本で言っていたけど、

"時代の空気感をとらえている"
ということだと思うんです。

このシリーズが出始めた2006年頃の日本って、
なんか色々なことが起きていた。

ライブドアのホリエモンが逮捕されたり、
総理大臣が小泉さんから安倍さんに変わったり。

BSE感染牛問題でアメリカからの牛肉輸入が止まったり、
W杯で中田が引退を表明したり。

って、まぁwikipediaで調べたんですが。

−2006年の日本−

この頃からだよなぁ、
誰が総理やっても一緒なんじゃないか、
みたいな感覚が生まれだしたのって。

それが2009年の政権交代にもつながっているんだろうな。
ちょっと横道にそれてしまいました。

よくわかんないんだけど、個人的な感覚として、
この時代ってなんか混沌としてた気がする。

どうなる日本?みたいな空気があった。
少なくとも僕は、当時そんなように感じていた記憶がある。

そんな時代だからこその、このコピーなんだろう。
ボディコピーの文章が、全てを表している気がする。

このボディは2007年となっているけど、
見事にその年に起こった出来事を表現していて、
楽しく読める内容になっている。

そう、ろくでもないんだよね、世の中って。
でもどこか、希望も持って人間は生きている。

いやなことばかりじゃないんだよね、きっと。
ろくでもないんだけど、どこかすばらしき世界でもある。

缶コーヒーでも飲んで、ちょっと一息つきたいね。
そんな、時代の空気感。

"時代の空気感をとらえる"

考えてできるものではなくて、
普段からしっかりと感度高く過ごしていないと、
こういった表現は出づらいのではないかと思います。

日常から意識高く、感度高く。
[PR]

by nounashihage | 2010-08-16 00:02 | 今日のコピー

<< 旅行の計画を立てるということ。① 【手紙のことを、英語ではメール... >>