【いっかだんらん…へっていたのは、家族と過ごす時間でした。】今日のコピーvol.023

a0168678_23251299.jpg

☆今日のコピー☆
「いっかだんらん…
 へっていたのは、家族と過ごす時間でした。」
(新聞広告クリエーティブコンテスト/2007/中島史朗)

ビジュアルと合わせて、とてもおもしろい。
これ、たぶん「つ」の大きさ変わってないですよね。

「いっかだんらん」が「いつかだんらん」に変わってゆく様に、
家族の関わりが少なくなってゆく現代の家庭が表れていると思います。

単純にこの言葉の変化に気付いたこともおもしろいのですが、
「いつか」という言葉と、この文字の大きさが徐々に小さくなるビジュアル。

「家族で旅行でも行こうか」「いつかね」…
「家族でドライブでも行こうか」「いつかね」…
「家族でご飯でも食べに行こうか」「いつか、ね」…

こうやって、徐々に家族の距離が遠くなり、
一家団欒からも遠ざかっていく…

その描写を、文字の大きさだけで、
ものすごくリアルに表現されていると思います。

そう、なんだかすごいリアルなんですよね。

ユーモラスなんだけどイヤミがなく、メッセージ性が強い。
こんなシンプルな発想ができるようになりたいなぁ。
[PR]

by nounashihage | 2010-08-11 00:04 | 今日のコピー

<< 【手紙のことを、英語ではメール... 【飲めない私に飲めなんて、飲め... >>